ナヒチェバン経済拡大10年計画

blog01

ナヒチェバンとは、大国トルコやイランと国境を接する、アゼルバイジャンの重要な飛び地です。首都バクーからは650km、直行便で1時間。建国の父ヘイダル・アリエフ前大統領の出生地でもあり、優秀なリーダーや研究者等を多く輩出します。

ナヒチェバンは歴史的に、ササン朝ペルシア、東ローマ帝国、アッバース朝イスラム帝国、セルジューク朝、モンゴル帝国・・・など、複数の宗教・民族の支配下にあった経験を持つので、非常に多様性溢れる世俗的でフレンドリーな、それでいて誇り高き知能と文化を持つ民族性が形成されてきました。

近年このナヒチェバンでは経済拡大10年計画がかかげられました。隣国トルコとイランとの接続を強化し経済関係を拡大させ、天然資源豊かな首都バクーとは異なる立ち位置と独自の自治で、経済発展させていくというものです。ここに日本の地方都市にとってものすごく大きなヒントがあります。

1995年から2014年の間に、ナヒチェバンの製造業は45.4倍に、農業は4.5倍に、建設業は14.2倍に、運輸・物流業は3.3倍に、IT産業は9.7倍に成長。そしてナヒチェバン単一でのGDP規模は37億マナト(約5200億円)にまで拡大させ、9年間で48倍の経済規模になりました。この経済拡大計画は現在も継続中です。

2014年のアゼルバイジャン全体(人口950万人)のGDPは約600億マナト(8兆5000億円:新潟県とほぼ同程度)でした。そのうち6%の37億マナトをナヒチェバン(全人口の3%、36万人)が構成しているということになります。

そんな「日本人の知らないナヒチェバン」を、ナヒチェバン出身のヴガール・アガエフさんと先日生放送で解説しました。

http://azertag.az/en/xeber/Japanese_World_Investors_TV_dedicates_its_first_program_in_2015_to_Azerbaijans_Nakhchivan_Autonomous_Republic-822972

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石田 和靖

石田 和靖

投稿者プロフィール

現地企業・政府などに太いパイプを持つ。
著書に「越境せよ(講談社)」「日本人の知らないアゼル バイジャン(パンローリング)」など多数。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. dollar_euro_140113
    アゼルバイジャンの中央銀行の発表によると、アゼルバイジャンの通貨マナト(AZN)の対米ドルおよびユ…
  2. column_img_20150225
    アゼルバイジャン国際銀行 マルチカレンシー定期預金 (AZNとUSDの金利表 2015.2.5現在…
  3. イメージ
    RFE(Radio Free Europe)によると、大きく以下4つの理由があげられている。 …
スポンサーリンク
2018年5月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
スポンサーリンク

おすすめ書籍

★☆★☆★☆★☆
アゼルバイジャンで投資や
ビジネスをするための必読書

★☆★☆★☆★☆
アゼルバイジャン唯一の情報本「日本人の知らないアゼルバイジャン――今、知っておくべき最新51項」
(2014年11月発売)
ご注文はこちら

ピックアップ記事

  1. scaled-Heydar-Aliyev-Cultural-Centre-Baku.-Image-by-Sarah-Reid

    2015-2-26

    バクーの治安について

    湯川さん、後藤さんの人質事件以降、テレビでISILの報道が多くなりました。(日本のメディアでは"イス…
  2. what_az

    2015-1-29

    アゼルバイジャンってどんな国?

    ドバイを超えられる最も注目される国 アゼルバイジャンは、バクー油田など世界最大の油田を保有していま…
  3. アゼルバイジャン国旗

    2015-1-29

    国の基礎情報

    アゼルバイジャンとは アゼルバイジャンは、旧ソビエト連邦の共和制国家です。1991年に独立を果たし…

ページ上部へ戻る