アゼルバイジャンの2020年:持続可能性への強さ

10532538_1543959919206828_465687388920634364_n

米国の外務省ジャーナルは2015年1月〜2月版で、「アゼルバイジャン2020:持続可能性への強さ」という見出しのレポートを発表。

その内容は、「過去10年間でアゼルバイジャンは、世界で最も急速に成長している国の一つとなっている。豊富な炭化水素(原油・天然ガス)埋蔵量と、それらの慎重な再分配計画は、健全で急速な経済発展を推し進めてきた。」

「明確な国家ビジョンに沿った経済多様化のためのプログラム開発が、様々な投資機会を創出し、それは世界的に競争力のある国として、アゼルバイジャンの未来が形作られている。2020年までの準備段階は順調に進み、2020年以降、本格的なターボエンジンを搭載する国となる。」など。

※同様のレポートは、昨年春の英エコノミスト誌でも昨年発表されました。
“2020 and beyond; accelerating economic development”
http://www.economistinsights.com/countries-trade-investment/event/azerbaijan-investment-summit-0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石田 和靖

石田 和靖

投稿者プロフィール

現地企業・政府などに太いパイプを持つ。
著書に「越境せよ(講談社)」「日本人の知らないアゼル バイジャン(パンローリング)」など多数。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. dollar_euro_140113
    アゼルバイジャンの中央銀行の発表によると、アゼルバイジャンの通貨マナト(AZN)の対米ドルおよびユ…
  2. column_img_20150225
    アゼルバイジャン国際銀行 マルチカレンシー定期預金 (AZNとUSDの金利表 2015.2.5現在…
  3. イメージ
    RFE(Radio Free Europe)によると、大きく以下4つの理由があげられている。 …
スポンサーリンク
2018年7月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
スポンサーリンク

おすすめ書籍

★☆★☆★☆★☆
アゼルバイジャンで投資や
ビジネスをするための必読書

★☆★☆★☆★☆
アゼルバイジャン唯一の情報本「日本人の知らないアゼルバイジャン――今、知っておくべき最新51項」
(2014年11月発売)
ご注文はこちら

ピックアップ記事

  1. scaled-Heydar-Aliyev-Cultural-Centre-Baku.-Image-by-Sarah-Reid

    2015-2-26

    バクーの治安について

    湯川さん、後藤さんの人質事件以降、テレビでISILの報道が多くなりました。(日本のメディアでは"イス…
  2. what_az

    2015-1-29

    アゼルバイジャンってどんな国?

    ドバイを超えられる最も注目される国 アゼルバイジャンは、バクー油田など世界最大の油田を保有していま…
  3. アゼルバイジャン国旗

    2015-1-29

    国の基礎情報

    アゼルバイジャンとは アゼルバイジャンは、旧ソビエト連邦の共和制国家です。1991年に独立を果たし…

ページ上部へ戻る