その他の観光スポット一覧

観光スポット一覧

ご紹介していないその他の観光スポットを一覧でご案内しています。

ハジンスキー邸

乙女の塔を訪れたなら行って欲しいハジンスキー邸。乙女の塔の隣にあり、1912年に建築されたゴシック様式のマンションです。19世紀前半、多くの豪奢な邸宅が建てられました。1944年には、仏レジスタンス運動のリーダーであるシャルル・ド・ゴールが、スターリンとの会談の途中、この邸宅に滞在したという歴史的な建物の一つです。残念ながら現在もマンションとして利用されている為、内部の見学はできません。

歴史博物館

2008年春に改装工事が終了した博物館です。 古代から現代まで分かりやすく展示されていいて、タギエフの家博物館が隣接しています。

国立人形劇劇場

臨海公園に位置している劇場です。 改修工事を行ったため外見は真新しいですが、建物自体は1901年に石油で成功したムサナギエフがポーランド人の建築家に造らせたもので、歴史があります。 20世紀初めは大金持ち達の豪華な服の品評会が行われていました。 人形劇場となったのは1994年からで、中にはフランスでの人形劇祭で受賞した俳優もいて、子供だけでなく、大人も楽しめる劇場となっています。 (日曜休)

フィルハーモニー

国内外の音楽家による公演の他、外交団主催のコンサート等が行われています。料金は公演内容により異なりますが、10米ドル前後となっています。

オペラバレエ劇場

歴史を感じさせる、重厚な造りの劇場です。 西欧やアゼルバイジャンの演目を中心としたオペラバレエの公演が行われています。 料金は公演内容によって異なりますが、10~30マナトと日本に比べてお手頃です。

海岸公園

カスピ海に沿って、弧を描くように続く公園です。 緑の多い絶好の散歩道で園内にはいくつものカフェやチャイハナ(喫茶店)の他、子どもたちのための遊園地もあり、市民の憩いの場となっています。 乙女の塔近くのトイレは有料です。 レンタサイクルはアズネフチ広場から海岸公園を300mほど南下したところで借りられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
管理者

管理者

投稿者プロフィール

アゼルバイジャンガイド「アバガ」の管理者です。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. dollar_euro_140113
    アゼルバイジャンの中央銀行の発表によると、アゼルバイジャンの通貨マナト(AZN)の対米ドルおよびユ…
  2. column_img_20150225
    アゼルバイジャン国際銀行 マルチカレンシー定期預金 (AZNとUSDの金利表 2015.2.5現在…
  3. イメージ
    RFE(Radio Free Europe)によると、大きく以下4つの理由があげられている。 …
スポンサーリンク
2018年9月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
スポンサーリンク

おすすめ書籍

★☆★☆★☆★☆
アゼルバイジャンで投資や
ビジネスをするための必読書

★☆★☆★☆★☆
アゼルバイジャン唯一の情報本「日本人の知らないアゼルバイジャン――今、知っておくべき最新51項」
(2014年11月発売)
ご注文はこちら

ピックアップ記事

  1. scaled-Heydar-Aliyev-Cultural-Centre-Baku.-Image-by-Sarah-Reid

    2015-2-26

    バクーの治安について

    湯川さん、後藤さんの人質事件以降、テレビでISILの報道が多くなりました。(日本のメディアでは"イス…
  2. what_az

    2015-1-29

    アゼルバイジャンってどんな国?

    ドバイを超えられる最も注目される国 アゼルバイジャンは、バクー油田など世界最大の油田を保有していま…
  3. アゼルバイジャン国旗

    2015-1-29

    国の基礎情報

    アゼルバイジャンとは アゼルバイジャンは、旧ソビエト連邦の共和制国家です。1991年に独立を果たし…

ページ上部へ戻る